当試験センターで受験できる資格

当受験会場で受験できる資格試験は、以下のとおりです。
各セクションから受験申込に進めます。

Microsoft Office Specialist (MOS)

Word、Excel、PowerPointなどの利用スキルを証明する国際資格、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)。オフィスソフトの総合的な知識とスキルを客観的に証明する資格として人気です。受験対策を通してもしっかりとしたスキルを身に付けることができます。

  • Microsoft Office Specialist 2019 アソシエイトレベル (Word/Excel/PowerPoint)
  • Microsoft Office Specialist 2019 エキスパートレベル (Word/Excel/Access)

MCF・MCE・ITS・IC3

Microsoft Certified Fundamentals (MCF)

Microsoftが主催するAI、データサイエンス、クラウドの試験です。

Microsoft Certified Educator (MCE)

マイクロソフトが主催する教職員向けの試験です。

IT Specialist (ITS)

情報技術の様々な分野についての基本的な知識やスキルを証明できる資格試験です。

IC3

米国Certiport社が主催する、自立したパソコンユーザーになるための国際資格です。

オデッセイ CBT 試験

オデッセイコミュニケーションズが運営する、さまざまな分野の専門知識を証明する資格試験システムです。

VBAエキスパート

Excel、Accessのマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のスキルを証明する試験です。試験科目には、基礎レベルの「Excel VBA ベーシック」、「Access VBA ベーシック」と上位レベルの「Excel VBA スタンダード」、「Access VBA スタンダード」の4科目があります。

MOS Excelの資格を取った方の次の目標として最適です。

統計検定・ビジネス統計スペシャリスト等

  • 統計検定
  • ビジネス統計スペシャリスト
  • データ分析実務スキル検定

MOS Excelの資格を取りこれをさらに業務に生かす統計分析のための資格です。MOS Excelの資格を取った方の次の目標として最適です。

各種IT技術者認定試験

  • Pythonエンジニア認定試験
  • ヤマハネットワーク技術者認定試験
  • PHP技術者認定試験
  • ウエブ・セキュリティ試験
  • KUSANAGI for WordPress 認定試験
  • Rails技術者認定試験

各業界認定試験

コンタクトセンター検定試験リユース検定
東京シティガイド検定双日株式会社
洗浄技術検定リンパ浮腫研修E-LEARN修了試験
Communication Exam.その他、増加中

ビジネス能力認定試験 サーティファイ

 サーティファイは、実務を想定した実践的な出題内容により、「知っていること」から「できること」まで幅広く測定・評価される資格試験です。より実務的な知識や経験も求められ、即戦力としての評価を受けることができる資格です。

  • Excel表計算処理技能認定試験(1級~3級)
  • Word文書処理技能認定試験(1級~3級)
  • PowerPointプレゼンテーション技能認定試験(上級・初級)
  • Excelビジネススキル検定(エキスパート・スタンダード)

ジュニア・プログラミング検定

ジュニア・プログラミング検定は、Scratch(スクラッチ)を活用したプログラミングスキルを測定・認定する検定試験です。

指定された課題を作れるか、さらに自分なりにアレンジして説明ができるか、といった基礎・実践を評価する検定試験です。Scratchを学習中のジュニアたちの学習の効果測定に、挑戦目標にチャレンジをお勧めしています。

タイピング技能検定 e-typing master

 タイピング技能検定e-typing master(イータイピングマスター)は、パソコンのキーボードのタイピング技能を客観的に評価する検定試験です。モバイルが普及する中でも、パソコンの必要性はかえって増しています。そのパソコン操作の基本であるタイピング技能の重要性はますます高まっていると言えます。
 e-typing masterは小学生から80代のシニアの方まで合格の実績。自分のタイピング能力の証明としてだけでなく、生涯学習として脳活としても活用されています。

タイトルとURLをコピーしました